おかんの家庭で作る簡単な讃岐風白味噌雑煮のレシピ

簡単料理

Result_931820_14526935_384110_8618075

 

我が家に伝わる讃岐風白味噌雑煮は絶品です。

子供の頃にはこの他にもお澄ましの雑煮であるとか、ごく一般的な大阪・京都風白味噌雑煮にぜんざい風の雑煮なんかも作ってくれましたが、我が家で断トツの人気といえばこの讃岐風白味噌の雑煮でした。
なので、ある程度大人になってからの我が家はこれ一色になってしまいました。
そのレシピを書いていきたいと思います。

 

材料(4人前)

おもち:丸もち4個・8個 ※チャレンジャーは餡餅を入れても可。四角でも可。
金時人参:1本
大根:1本
白味噌:110〜120g
いりこ出汁:1リットル ※イリコとはカタクチイワシの煮干しのこと
小松菜:1/2〜1/3束程度
青のり:適量 ※仕上げに使用

 

作り方

1.いりこ20〜30gをあらかじめ2時間ほど水に漬けておく(昆布1枚あれば理想的)
※もしなければ、いりこ味のだしパックや類粒のだし風味で代用可。
漬け終わったら15分ほど煮たてて、いりこを取り出す。

2.小松菜をゆでて水を切り、食べやすい大きさに切る。

3.金時人参、大根を切る。※輪切り、もしくはそこから花の型取りをすると綺麗

4.だし汁と一緒に大根、人参をゆでる。

5.もち・小松菜を入れる。

6.もちが柔らかくなったところで白味噌を入れる。

7.仕上げに青のりを適量かける。

 

これが讃岐風白味噌雑煮のレシピです。

ポイントは出汁にイリコを効かせるのがコツです。そして、このイリコこそが白味噌の味を引き立てる大事な要素であって、それぞれ相性が抜群に良いのです。
これは恐らくですが、味噌汁を食べる時にもかつおや昆布の出汁というよりかは、煮干し出汁の方がより美味しく食べられると思います。
なので、元々煮干しと味噌というのは相性が良い組み合わせなのかもしれません。

本場香川県では、あん餅を入れる雑煮がメジャーで一般化しているようですが、実際には各家庭によって差があるらしいので、あん餅を嫌う人も意外と多いようです。もちろんこのレシピにあん餅を入れれば、話題のあん餅雑煮となるので勇気のある方は試してみて下さい。

人それぞれですが、因みに私個人が食べた意見だと普通のお餅の方が好みでした。

最後に、この料理のアピールポイントとしては失敗することが少ない家庭料理です。

というのもレシピ自体も非常に簡単ですし、何より簡単なのに美味しく食べられるのでちょっとしたマイブームになるかもしれません!

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro

コメント

タイトルとURLをコピーしました