おかんの家庭でできる手羽先の本格甘辛煮レシピ

本格料理

Result_912075_14357126_1204149_8522509

 

 

ご紹介する家庭レシピは、手羽先を使ったレシピです。

忙しい母は、料理に時間がかけられず、簡単で素早く作れるということでよく作ってくれていました。

簡単なのに本格的な味の染み込み具合で、我が家では大好評でした。

 

それでは、レシピの手順をご紹介します。

 

材料

手羽先6本

醤油大さじ3杯

みりん大さじ3杯

酒大さじ1杯

砂糖大さじ3杯

ごま少々です。

 

作り方

 

1、手羽先は、皮を裏にして、フライパンでこんがりと焼き色がつくまで焼きます。

両面に焼き色がついたら、手羽先から出た油をキッチンペーパーで吸い取ります。

ここがポイントです。手羽先から出た油は、鶏の臭いが強いので、よく拭き取りましょう。

 

2、お酒、醤油、みりん、砂糖を入れて、15分ほど弱火で煮込みます。

途中、たれを手羽先にかけて全体に味が馴染むようにします。

たれがほとんどなくなってきたら、家庭でできる手羽先の本格甘辛煮のほぼ完成です。

 

3、最後にごまを少々振りかけ完成です!

 

フライパン一つでできるので洗い物も少なく済みます。

料理の最中にいちいち洗い物をする手間が省けるので、簡単で楽ちんです。

そしてお店で食べるように、ふっくらとしているのでとても味わい深い一品です。

お酒を入れて一緒に煮込むことで、鶏の独特の臭いを消し、肉の固さもほぐしてくれるので、とっても柔らかく仕上がるのです。

お酒を入れるのと、入れないのとでは、かなりできあがりに差が出てくるので、必ずお酒は入れてください。

もちろん、料理酒でも構いません。

お砂糖と醤油で甘辛く仕上がっているので、小さなお子様、そしてお年寄りの方にも幅広く愛される味だと思います。

お酒のおつまみにもなる一品なので、お父さんの夜の晩酌のお供にささっと作ってあげたりと、様々な用途に使える便利なレシピです。

おかずにもなり、おつまみにもなる、とても万能なレシピ。

 

そして、刻みネギや、一味唐辛子などをアクセントに入れてみると、また違う味が楽しめます。誰もが思わず手が止まらなくなるほどです。

甘辛煮は、煮込むので面倒なイメージが強いですが、煮込んでいる間に他の料理が作れるので、スムーズに料理が作れます。

夕方は、お母さん達にとって、バタバタしてしまう時間です。

仕事から帰ってきて、少しの時間で料理を作らなければならないお母さん達からすれば、こんなに手間要らずなレシピは助かると思います。

私も、子育てをしている今、母がよく作ってくれたこのレシピを重宝しています。

This site is using SEO Baclinks plugin created by Locco.Ro

コメント

タイトルとURLをコピーしました